グリーンレーザーポインターの原理は全く別

グリーンレーザーポインターの原理は全く別です。特殊な構造の結晶を使って
http://www.buyshopes.com/10000mw-laser-green-c015.html
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    星空 レーザーの使用を諦め

    天体観望会でレーザーポインターを使用したことがあります。
    安全性に関する注意点は他の回答者の方々が書かれているとおりです。
    緑 レーザーポインター
    レーザーポインターは、目標とする天体をピンポイントで指し示すことができるように思われ、誰もが使ってみたくなるものですが、実際に使ってみると不都合があることが分かりました。
    それは光束が細いため、発光位置から少し離れた人にとっては、光のビームが全く見えないことが多いということです。

    ビームは空中の埃や水蒸気に乱反射することで視認できるものなので、空気が澄んでいるほどビームが見え辛くなります。ビームの色が緑などの寒色系ではなおさらです。
    したがって私の場合、星空 レーザーの使用を諦め、太いビーム(直径5cm程度)の平行光線を放射できる懐中電灯を使うことにしています。
    このような懐中電灯は、前部のガラスがレンズになっておらず、平板ガラスになっていますので簡単に判別できます

    観望会に利用できるほどの出力をもった高出力レーザーポインター 光は、付近の物体から反射したものであっても、一瞬でも肉眼に入ると、数時間は眼の奥に鈍痛が続くほど危険なものです。多数の人が集まるような場所での使用はお勧めできません。どんなに注意を払ったとしても、事故はつきものです。

    光線が横から見えるレーザーは100mW以上の出力が必要であり、
    安全な物は存在しません。目や皮膚の障害や火災の危険があります。

    レーザーポインターusb 装置を扱う労働者が免許を取得する必要はありませんが、
    天体観測の事業者は労働安全衛生法を遵守する必要があります。

    それでも天体観測時の指示棒として緑レーザーが使われる事が
    多くなったのは既成の事実になっています。

    もし使用する場合はレーザーの危険性や安全に扱う為の処置など
    十分に熟知した上で、法令等を遵守して使用してください。

    http://konomi.me/I0007501

    | レーザー彫刻機 | 15:41 | comments(0) | - |
    0
      未満をすべて紫外線(UV)レーザーとしてまとめています

      レーザーポインターおすすめ
      波長380nm未満を紫外線(UV)と呼びます。波長200nm以下を真空紫外(DUV)と呼ぶこともありますがここでは波長400nm未満をすべて紫外線(UV)レーザーとしてまとめています。波長が短いので原理的に非常に高い集光性があり、フォトンエネルギーが高くさまざまな物質に非常に良く吸収されます

      強な3Wレーザーポインター

      高い電圧を瞬間的にかけることで励起状態を作り出し、紫外領域で高い出力のパルス発振を行うガスレーザーです。
      パルス幅は数十nsで、ビームの断面は放電領域の形状を反映し長方形のビームを高出力で発振します。ビームが太く、パルスエネルギーも
      大きいので、ビームを一点に集中させる加工よりも、比較的大きな面積を高い照射強度で一括処理加工するような応用に最も適しています。
      緑レーザーのが青レーザーより「見えやすい」んです。

      光(レーザー)には波長があり、波長で色が決まります。
      青(紫みの青)(波長:445〜485nm)、
      緑(波長:500〜560 nm)
      赤(波長:625〜740 nm)
      ですが、人間の目は555nmが一番見えやすく、そこから波長が離れるほど見えにくくなるんです。

      青の3000mwレーザーポインターの波長はそれよりさらに波長が離れているので、
      実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。
      1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が
      かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。
      1mwのグリーン工事現場レーザーポインターって暗いところだと光線が見えるものなのでしょうか?

      暗いから見えるとかそういうものではない。真空中や超純水中なら出力が多少大きかろうが部屋が暗かろうが横から光線は見えない。

      外に照したらめっちゃ分かりやすく光線が見えるんですよね〜部屋もキレイなはずなんですけどね(;^_^A

      レーザーポインター 猫

      | レーザー彫刻機 | 15:26 | comments(0) | - |
      0
        緑色 レーザー クラス 安全は赤いレーザーよりも見やすいですが

        レーザーの修理販売をしております。
        緑色 レーザー クラス 安全は赤いレーザーよりも見やすいですが、
        屋外での使用には、まだ明るさが足りず、よほど暗い時間帯でないと
        ラインの確認は難しいと思います。
        ですので、屋外での使用には、受光器付を購入されるべきでしょう。
        価格では山真が圧倒的に安くなります。
        明るさはどのメーカーもそんなに違わなかったと思います。
        ただ、受光器がメインですと、高価なグリーンにこだわる意味が無くなるかもしれません。
        精度につきましては、以前は山真の精度が悪かったんですが、
        今は、ほとんど精度の怪しいものはなくなりました。
        いずれにしてもレーザーと言うものは、使用前に精度があっていないかもしれないと

        高出力レーザーポインター

        グリーンレーザーのことについて教えていただきたいです

        グリーンレーザー墨出し機の購入を検討しています。
        最近Voiceというメーカーが割と低価格なグリーンレーザー墨出し機を出しています。
        自分は個人的にはタジマの製品の精度や信頼性に魅力を感じていますが、Voiceの製品もレビューによれば割と評判もいいみたいだし、何よりも価格が魅力です。
        果たしてプロとして現場で使い込む機器として考えた場合に、製品の精度、耐久度、アフターメンテナンス等々考慮すると、ベストチョイスはどうなるでしょう。
        自分は建築測量関係の仕事をしているので、とにかく精度に拘りたいです。

        グリーン2in1レーザーポインターってみんな冷えたりすると使えないものなのでしょうか。


        冷たいといっても、10℃くらいはあると思います。が、光りません。

        新品の電池でも、合計して10分位使用して、1時間ほど放置すると、ほとんど光が見えないまでに出力低下します。手で温めると戻りますが。

        安定してペン型レーザーポインター光が出力できるものはありませんか。

        | レーザー彫刻機 | 16:45 | comments(0) | - |
        0
          一応信頼レーザーポインター を持っていますがそのような経験

          緑色 レーザー クラス 安全 に詳しい方お願いします。
          200mwのグリーンレーザーを持っています。
          購入当初は壁に当てると、一点だけ照射されてたのが、
          今は照射されてる点の周りにグリーンのレーザー光が
          斑に?映ります。

          レンズの汚れでしようか?
          ポインターに調光等はついていません。
          調べてもわかりませんでした。
          購入して2ヶ月位です。購入当初より光量もよわいです。
          斑模様は治るんですかね?

          一応信頼レーザーポインター を持っていますがそのような経験は
          ありません、ですが光量が弱いのは電池が劣化してるからではないですか
          あと斑みたいに映るのはレンズの汚れかもしれません
          綿棒で掃除してみてください、しかし普通は2ヵ月でそのようなことには
          ならないはずです、そこで以下の所に心当たりがないか見てください

          ・落としたりした(発光部分に傷が付くことがある)

          ・電池を入れっぱなしにした(微弱電流が流れているため電池
          の減りが早い)

          ・発光部分を太陽に向けた(集点によって発光部分が焼けることがある)

          ・熱いところにのせた(電池が発熱し発光部分を損傷させることもある)

          ・基盤をいじったことがある(基盤がショートして光量が低下することもある)

          ・雑な扱いをした(壊れるリスクが高くなる)

          ・水に入れた(ショートして機能が低下する

          人気のレーザーポインターセール

          レーザーポインター星観察

          http://konomi.me/I0007616

          http://川口あんてな.com/matome/732

           

          | レーザー彫刻機 | 17:12 | comments(0) | - |
          0
            緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流です

            この場合の「明るい」というのは「見えやすい」という意味で、
            遠くまで届くという意味ではありません。
            人間の目は、緑が一番見えやすく青は見えにくいようにできているので
            小型レーザーポインター のが青レーザーより「見えやすい」んです。

            光(レーザー)には波長があり、波長で色が決まります。
            青(紫みの青)(波長:445〜485nm)、
            緑(波長:500〜560 nm)
            赤(波長:625〜740 nm)
            ですが、人間の目は555nmが一番見えやすく、そこから波長が離れるほど見えにくくなるんです。

            例えば緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが
            見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります。

            青のレーザーの波長はそれよりさらに波長が離れているので、
            実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。
            1Wの超強力レーザーポインターより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が
            かなり明るいと言われているほど、グリーンレーザーは視認性が高いです。

            また、遠くまで届くかとのことですが
            わずかにグリーンレーザーの方が遠くに届く可能性はあります。
            可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、
            逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、
            若干の影響はあるかもしれません。

            短い←【波長】→長い
            (γ線←X線)紫外線←青<緑<赤→赤外線

            ただわずかな差でしょうし、この場合は見えやすさという意味です。

            まとめると「グリーン3000mwレーザーはブルーレーザーより10倍以上明るく見える」

            その他にレーザーチューブを使った炭酸ガスレーザーや窒素レーザー、レーザーロッド使った固体レーザーなど、とても高出力なレーザービームが得られるものがありますが軍用になってしまう部品もあり入手が困難な点や、かなり専門的な知識が必要になったり、調節も難しいので製作はかなりハイレベルだと思います。このことについては三才ブックスの「アリエナイ理科ノ教科書」という本に詳しく解説がついているので一回読んでみてはいかがでしょうか。

            単純にレーザーポインター販売店が作りたいだけなら高出力は必要ないと思いますし、製作するよりは完成品を購入したほうが安く済むと思います。

            http://www.buyshopes.com/laserpointer-boca.html

            | レーザー彫刻機 | 15:20 | comments(0) | - |
            0
              レーザー彫刻機のレーザー保護についてです

              高い温度のものはその激しい運動で光を出します。実際には我々人間の体温でも赤外線を出しています。
              このような熱運動による発光は様々な波長が混じっています。(連続スペクトルという)
              見える色が違うのは、温度が上がるほど強度のピークの波長がずれていくからです。6000Kで緑に見えても、それは緑の光が強いだけで他の色も混じってるわけです。

              グリーンレーザーポインターの原理は全く別です。特殊な構造の結晶を使って、特定の波長の光を全く同じタイミングで放出します。他の波長の光は全く混在しません。

              緑色のレーザーポインタを購入しました。
              しかし、明るすぎて使用すると周りから目が痛くなると言われます。
              セロテープなどを貼って弱めようとしましたが、逆にポインターとしての機能を果た

              さなくなりました。
              電池の電圧を変えれば…という意見もあったのですが、USBの充電式でそれも叶いません。
              なにか知恵があれば教示いただけないでしょうか。

              レーザー彫刻機のレーザー保護についてです。

              レーザー彫刻機の購入を考えており(といっても卓上サイズの300mWですが)、使用する際の
              レーザーからの保護のため保護メガネ等があったほうが良いかと思うのですが、溶接用のメガネ等
              でいいのでしょうか?
              勿論直接は勿論見ないですが焼きこみ部分など見てしまうかもしれません。その際の反射光が有害と思っているのですが、やはり保護メガネは必要ですか?

              赤色レーザーと緑色レーザーでは正確に求められ
              青色レーザーでは大きな誤差が出たということでしょうか?

              考えられる原因の1つとしては
              星レーザーポインター   波長の違いはそれほど大きくないため
              レーザー出力(パワー)の違いが影響していると考えられます
              回折の次数 m が高くなるほど回折光は弱くなるため
              高次の回折光を観測するためにはレーザー出力を上げる必要があります
              つまり、安全レーザーポインター出力が高いほどサンプリング数を多くすることができます

              http://www.24liveblog.com/live/1403799

              | レーザー彫刻機 | 09:33 | comments(0) | - |
              PR
              NEW ENTRIES
              CATEGORIES
              ARCHIVES
              MOBILE
              qrcode
              LINKS
              PROFILE
              OTHERS
              このページの先頭へ